行政書士の知っトク案内浜松

浜松市で生まれ育った行政書士が相続、遺言、遺産分割、死後手続き、戸籍、養子縁組、許認可などの知って得する情報を「全国へ向けて」発信いたします。

「相続」の記事一覧

配偶者居住権は登記ができる?第三者対抗力はある?わかりやすく解説

被相続人名義の建物に居住していた配偶者が、被相続人の相続開始後も建物に引き続き居住できるよう保護する方策が配偶者居住権です。配偶者居住権には「登記請求権」が認められており、登記を備えることで第三者への対抗力を持ちます。この記事では、配偶者居住権と登記について解説していきます。

配偶者居住権による建物の使用収益の用法&義務違反と権利消滅を解説

配偶者が被相続人の相続開始後も居住建物の全部を使用、収益できる権利が配偶者居住権です。ただし、配偶者には遵守すべき義務がいくつもあります。この記事では、配偶者が守るべき義務と、義務違反があった場合の権利消滅について解説していきます。

配偶者居住権に基づく建物の修繕と費用負担者&返還における義務を解説

配偶者居住権を取得し、居住建物を使用する配偶者は必要に応じて建物の修繕をすることがあるでしょう。ですが費用は誰が負担するのでしょう。配偶者でしょうか?それとも建物所有者でしょうか?さらに建物を返還する際には、付属物の収去義務や損傷の原状回復義務があります。わかりやすく解説していきます。