行政書士の知っトク案内浜松

浜松市で生まれ育った行政書士が相続、遺言、遺産分割、死後手続き、戸籍、養子縁組、許認可などの知って得する情報を「全国へ向けて」発信いたします。

遺言が無効となるケースと無効確認の調停・訴訟【無効にしない工夫】

相続人の争いを回避するために作成される「遺言書」ですが、実は「無効」となってしまうケースが多々あります。これを知らずに作成すると、後々争いとなる可能性があります。遺言書が無効となるケース、無効を争う調停・訴訟、無効を回避する工夫について解説します。

遭難者は遺言書が作れるの?緊急事態に作成する【特別方式の遺言】を解説

本人が死亡に瀕しているなど、特別な状況下でのみ作成が可能な遺言書がありますが、ご存知ですか?具体的には、「死亡危急者遺言」「伝染病隔離者の遺言」「在船者の遺言」「船舶遭難者の遺言」の4つです。万が一に備え、その概要だけでも知っておかれることをお勧めします。