行政書士の知っトク案内浜松

浜松市で生まれ育った行政書士が相続、遺言、遺産分割、死後手続き、戸籍、養子縁組、許認可などの知って得する情報を「全国へ向けて」発信いたします。

熟慮期間の起算点:先順位相続人の相続放棄+債務の調査漏れのケース

被相続人が多額の負債を遺した場合、相続放棄したいです。ですが「先順位の相続人が相続放棄したため自分に相続権が回ってきた場合」や「相続人が認識していなかった負債があった場合」などはどうなってしまうのでしょう。この記事では相続放棄ができる「熟慮期間の起算点」について解説します。

配偶者短期居住権とは?制度の内容・成立要件・存続期間・施行日を解説

相続開始後も配偶者に居住建物での一定期間の居住権を認めた「配偶者短期居住権」について、制度の内容、成立要件、権利の存続期間などを条文から詳しく解説していきます。住み慣れた建物での相続後の居住について不安な方はお読みください。

配偶者短期居住権の決まり:善管注意義務と取得者承諾+消滅請求を解説

被相続人の相続開始後も、配偶者が安心して居住建物に住み続けるための方策として配偶者短期居住権があります。この記事では、配偶者短期居住権を有する配偶者が、居住建物を使用する上で守らなければならない規定(ルール)について解説します。規定違反があった場合、配偶者短期居住権が消滅することもあるので、注意が必要です。

配偶者短期居住権の消滅と居住建物の返還【収去義務と原状回復義務】

被相続人名義の建物に暮らしていた配偶者が、相続開始後も引き続き暮らせるようにするための方策が「配偶者短期居住権」の制度です。ですが、何らかの理由で配偶者短期居住権が消滅した場合には、配偶者は居住建物を所有者に返還しなければなりません。この記事では、居住建物の返還の際に知っておく必要がある事項を解説していきます。