こんにちは。行政書士の大石です。

戸籍謄本(こせきとうほん)戸籍抄本(こせきしょうほん)という言葉を聞かれたことがあると思います。

では、この戸籍謄本と戸籍抄本とは何でしょうか。違いは?

ということで、今回はこの2つについて、簡単にご説明します。内容もとっても簡単ですよ。

加えまして、全部事項証明書個人事項証明書についてもご説明していきます。

戸籍について知りたい方へ

戸籍謄本(抄本)や除籍謄本(抄本)、改製原戸籍の意味や、全部事項証明書と個人事項証明書の違いなど、戸籍に関する基本的な事項をくわしく解説しています。宜しければご覧ください。

戸籍と除籍、全部・個人事項証明を易しく!転籍や附票、取り寄せ方まで

戸籍謄本と戸籍抄本の違いは?

戸籍謄本」とは、役所に保管されている戸籍の原本全部を写した書面のことをいいます。

原本の全部なので、その戸籍に入っている全員の記載が写されます。

つまり、役所の窓口で、「戸籍謄本を交付してください!」というと、交付された書面には、請求した戸籍に含まれる家族全員分の記載があります。

たとえば、父親を筆頭者とする戸籍の「家族全員」の証明が必要ならば、戸籍謄本の交付請求をすればいいのです。

 

戸籍抄本」とは、戸籍の原本の一部を抜き出して写した書面のことをいいます。

請求された特定の個人の記載のみが写されます。

つまり、役所の窓口で、「だれだれの戸籍抄本を交付してください!」というと、交付された書面には、請求した戸籍に含まれる「指定した特定の個人」についての記載のみがあります。

たとえば、父親を筆頭者とする戸籍の「私(子)」だけの証明が必要であれば、私の戸籍抄本を請求すればいいのです。

交付された戸籍抄本には、他の家族の記載はありません。

me

戸籍の原本は、役所に保管されている「戸籍簿」で管理されています。

私たちは、この原本をもらうことはできませんので、原本を写した書面(戸籍謄本、戸籍抄本)を交付してもらうことができるのです。

全部事項証明書と個人事項証明書って何?

平成6年に戸籍法の一部が改正され、それまで紙媒体に手書きやタイプで記録して管理していた戸籍を、コンピュータで管理できるようになりました。

全部事項証明書、個人事項証明書とは、戸籍のコンピュータ化によってコンピュータ管理されるようになった戸籍のことです。

この改正により、戸籍のコンピュータ化に対応した市区町村では、戸籍の交付請求があった場合、次のように対応しています。

  • 戸籍謄本が請求された

→ 全部事項証明書を交付する

  • 戸籍抄本が請求された

→ 個人事項証明書を交付する

コンピュータ化によって、戸籍はそれまでの縦書きから横書きに変わりました。

【参考】全部事項証明書の表記例

参考までに全部事項証明書の例を下記に示します。

(画像クリックで拡大表示します)

役所の窓口で、「戸籍謄本を交付してください!」というと、上記の全部事項証明書が交付されるわけです。

上の例で示した戸籍には、太郎さんと花子さんの2人が存在しています。

全部事項証明書なので、家族の全員分(太郎さん、花子さんの2人)の記載が書面に記載されているわけですね。

2人に子がいれば、当然その子もこの戸籍に名を連ねることになります。

 

ちなみに、相続手続きの中で戸籍を収集する場合には、戸籍謄本や全部事項証明書を集めることになります。

理由は、被相続人(亡くなられた人)と相続人との親族関係を明らかにする必要があるため、個人の記載だけの戸籍抄本や、個人事項証明書では情報が不足しているためです。

まとめ

戸籍謄本と戸籍抄本の違い、全部事項証明書と個人事項証明書についてご紹介してきました。

これらの違いを正確に理解されている方は案外少ないのではないのでしょうか。役所で窓口の方に質問すれば教えてもらえるとは思いますが、そうでもしなければ、知る機会はほとんどないからです。

生きていれば、戸籍を取り寄せたり、確認したりする機会は必ずあります。

この記事で少しでも疑問が解決できれば幸いです。