こんにちは。行政書士の大石です。

戸籍の附票(ふひょう)というものをご存知ですか?

相続手続きや、不動産の登記申請などで必要となることがある「戸籍の附票」ですが、具体的にどんな書類なのか、どのように取り寄せればいいのか、不明な方も多いと思います。

ここでは、戸籍の附票とは何か、住民票とは何が違うのか、戸籍の附票の取り寄せ方についてご説明します。

戸籍について知りたい方へ

戸籍謄本(抄本)や除籍謄本(抄本)、改製原戸籍の意味や、全部事項証明書と個人事項証明書の違いなど、戸籍に関する基本的な事項をくわしく解説しています。宜しければご覧ください。

戸籍と除籍、全部・個人事項証明を易しく!転籍や附票、取り寄せ方まで

戸籍の附票とは「住所の履歴書」

イメージとしては、戸籍の附票とは「住所の履歴書」と言えます。

履歴書には、過去から現在までの学歴や職歴といったものを記載しますよね。

戸籍の附票には、住所地の移転の履歴が記載されるのです。

つまり、住所の履歴書と言えるわけですね。

戸籍の附票には具体的に次の情報が記載されます。

  • 戸籍の表示(筆頭者氏名、本籍地)
  • 氏名
  • 住所
  • 住所を定めた年月日
  • 在外選挙人名簿に登録された場合は、その旨および登録された市町村名

上記からわかるとおり、戸籍の附票には、”戸籍”の情報(筆頭者氏名と本籍地)が含まれており、戸籍と繋がっているのです。

 

me

ここで言っている「戸籍」とは、よく聞く「戸籍謄本」とか「戸籍抄本」とかの”戸籍”ですよ。

 

戸籍の附票の見本

では、戸籍の附票の例を下記に示します。

下記の例では、『静岡太郎さんを筆頭者とする戸籍(本籍:△△市〇〇区▢▢町××番地)』に在籍する、本人、花子さん、浜男さんについての住所履歴が記載されています。

例のように、戸籍の附票には、「その戸籍に在籍している間の住所履歴」が記載されるのです。

つまり、例ですと、『本籍地:△△市〇〇区▢▢町××番地、筆頭者:静岡太郎』の戸籍に在籍している間に起こった「住所の移動」に関する情報が記載されるわけです。

引っ越しをたくさんされている方は、上記の「住所」「住所を定めた日」がずらーっと並ぶことになりますね。

要するに、「戸籍」と「戸籍の附票」は連動しているということです。

そのため、戸籍が除籍となれば、戸籍の附票も除附票となります。

戸籍の附票の写しは、本籍地筆頭者がわかれば請求できます。これは戸籍謄本を請求する場合と同じですね。

たとえば、音信不通となり、住所がわからない親族を探す場合などに、戸籍の附票が役に立つことがあります。

その人の戸籍の情報がわかれば、戸籍の附票を請求し、住所を確認できるためです。

戸籍の附票と住民票の違い

戸籍の附票には、どうやら住所の移転履歴が表示されていることがわかりました。

しかし、「それだと住民票と何が違うのだろう?」と思われたかもしれません。

簡単にご説明すれば、住民票には今現在の住所が記載されています。

あるとしても前住所が記載されているくらいです。

しかし、戸籍の附票には、戸籍(本籍)を定めてから以降の、住所の移転の履歴がすべて表示されます。これは既にご説明しました通りです。

たとえば、「〇〇市△△町××」を本籍として新しい戸籍が作成された後、その戸籍が除籍となるまでに10回引っ越しして住所が変われば、そのすべての住所の履歴が表示されます。

これが、戸籍の附票と住民票の大きな違いです。

現在の住所だけを証明すれば良いのであれば、住民票を取得して提出すればいいのです。

しかし、何度も住所を移転している場合で、過去の住所履歴も必要な場合には、戸籍の附票が必要となってくるのです。

窓口での請求方法(戸籍の附票の取り寄せ)

それでは、戸籍の附票の取り寄せ方についてご説明します。

下記は、便宜上、浜松市での場合を例とします。市区町村によって若干の違いはありますが、基本的なところはどこも共通でしょう。

請求できる人

戸籍の附票の写しに記載されている本人、同一戸籍の方または直系血族の方
(請求者が「本人・同一戸籍の方・直系血族の方」以外の場合は、各区役所区民生活課へお問い合わせください)

代理の可否

可能(委任状が必要)

提出する書類

持ち物

手数料

1通につき350円(現金のみ)

お渡しするもの

  • 現在の戸籍の附票の写し(全部・一部)
  • 戸籍の附票の除票の写し(全部・一部)
  • 改製原の戸籍の附票の写し(全部・一部)

注意すること

  • 本籍地が浜松市である戸籍の附票のみ
  • 区役所及び一部の協働センター以外の窓口では無料のものは交付不可
  • 請求する戸籍の附票の写しの「本籍」「筆頭者の氏名・フリガナ」「一部(抄本)のとき必要な人の氏名・フリガナ・生年月日」「特に証明したい事項があれば具体的なこと」が記入できること
  • 戸籍の附票の除票の写しと、改製原の戸籍の附票の写しについては、請求する証明書の本籍(町名)を管轄する各区役所にお問い合わせください。
me

戸籍と同様、戸籍の附票も「本籍地を管轄する市区町村役場」で管理されています。

したがって、自分が本籍を置いている役所でしか請求することができません。

つまり、本籍地がA市の場合、B市で請求することはできません。

受付時間

午前8時30分~午後5時15分

休日

土・日曜日、国民の祝日(休日)、12月29日~1月3日

受付窓口

窓口をご利用になる場合は、市内に本籍があれば本籍と違う区の窓口もご利用いただけます。

※上記につきまして、浜松市HPを参照しております。

請求する前に、不明な点については、まずはご自身の居住する市区町村役場のHPでご確認するか、問い合わせてみましょう。

まとめ

戸籍の附票とは何か、住民票との違い、取り寄せ方についてご説明しました。

普段あまり耳にしない戸籍の附票ですが、相続手続きや不動産の登記手続きなどで必要となる場合があります。

戸籍の附票とはどんなもので、どんな情報が記載されているのかについては、知っておいた方が良いでしょう。