相続について学ぶ人『代襲相続という制度についてくわしく知りたいです。
代襲相続の意味、相続分の割合、起こる範囲を知りたいです。
さらに、相続廃除・相続欠格、相続放棄との関係も教えてください。』

このような疑問にお答えします。

記事のテーマ
  • 代襲相続とは何か、意味をわかりやすく
  • 代襲相続の起こる範囲と、代襲相続人の相続分の割合について
  • 相続廃除・相続欠格と代襲相続との関係
  • 相続放棄と代襲相続との関係

代襲相続とは?意味をわかりやすく解説

代襲相続とは”だいしゅうそうぞく”と読みます。言葉は難しいですが、内容はそこまで難しくありません。次のとおりです。

被相続人の子が相続開始前に既に亡くなっていたとき、その者の子が代わりに相続人となること

被相続人とは亡くなられた方のことです。民法では、被相続人の相続において、誰が相続人となるのかは決められています。被相続人の子は相続人となります。

ところが、相続人となるはずの被相続人の子が、既に亡くなっていた場合には、相続人がいなくなってしまいますね。

したがって、このようなケースでは、被相続人の子の子(被相続人から見た孫)が代わりに相続人となるのです。これを代襲相続といいます。

民法887条に次のように規定されています。

(子及びその代襲者等の相続権)
第八百八十七条 被相続人の子は、相続人となる。
2 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。
3 前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。

(出典:e-gov-民法)

再代襲について

上のケースで、もし孫も既に亡くなっていたらどうでしょう。つまり、被相続人の相続が開始したところ、被相続人の子も、その子(孫)も亡くなっていた場合です。

このケースでは、かりに被相続人にひ孫がいれば、ひ孫が相続できます。これを再代襲といいます。

代襲相続はどこまで起こる?代襲相続人の範囲図

被相続人の相続において、相続人のどこまでの範囲で代襲相続が起きるのか、図をもって解説していきます。

代襲相続は直系卑属について起こります

まず、代襲相続は被相続人の直系卑属について起こります。次の図を見て下さい。

浜一郎さんが亡くなり、相続が開始したとします。相続人は配偶者の浜代さんと子の浜男さんです。

ですが、子の浜男さんは既に亡くなっていました。ということで、代襲相続が起こり、浜男さんの分を浜男さんの子である太郎くん、花子さんが相続します。

このように、代襲相続は被相続人の直系卑属について起こります。

さきほど再代襲についてもご紹介しました。上のケースで、仮に太郎くんに子がいたとします。そして太郎くんも既に亡くなっていたとすると、太郎くんの子が被相続人を再代襲相続することになります。

このように、直系卑属については、どこまでいっても代襲相続が起こるのです。

代襲相続は兄弟の子にも起こります

被相続人の兄弟が相続人となるパターンを考えてみます。

ここで、兄弟には子がおり、兄弟が被相続人よりも前に亡くなっていたとします。以下の図をご覧ください。

浜男さんが亡くなり相続が開始しましたが、相続人である浜男さんの兄弟・浜三さんも亡くなっていました。そして浜三さんには子の太郎くんがいます。

このケースでは、太郎くんが浜男さんを代襲相続します。

このように、代襲相続は兄弟の子にも起こるのです。

代襲相続は甥姪の子には起こりません

上のケースでは、代襲相続が兄弟の子(甥、姪)に起こると解説しました。ですが、仮に甥、姪も既に亡くなっていたとしても、甥、姪の子には代襲相続は起きません。

つまり、被相続人の兄弟についていえば、代襲相続が起こるのは兄弟の子(甥、姪)までであり、甥、姪の子には代襲相続は起きません。

上のケースでは、仮に太郎くんが既に亡くなっており、太郎くんに子がいても、太郎くんの子は浜男さんを代襲相続しません。

代襲相続による孫の相続分の割合

被相続人の相続において代襲相続が起きた場合、相続人となる孫の相続分の割合について解説します。

もう一度、以下の図をご覧ください。

被相続人の子である浜男さんが存命だと仮定して考えてみます。このケースで相続人となる者と、各々の相続分を以下に示します。

  • 浜代さん(配偶者)・・・ 1/2
  • 浜男さん(子)・・・ 1/2

このとおり、配偶者である浜代さんの相続分が1/2となり、子の浜男さんの相続分も1/2となります。

ですが、実際は浜男さんが亡くなっており、その子である太郎くんと花子さんが代襲相続します。

代襲相続人が複数いる場合、相続分は人数で均等となります

つまり、太郎くんと花子さんの相続分は均等になります。

すると、代襲相続人を含めた相続人の相続分は、以下のとおりです。

  • 浜代さん(配偶者)・・・ 2/4
  • 太郎くん(代襲相続)・・・ 1/4
  • 花子さん(代襲相続)・・・ 1/4

代襲相続人が複数いる場合には、代襲される親の相続分を均等に分けることを知っておいてください。

相続廃除・相続欠格のケースで代襲相続は起きる?

ここまで解説してきた代襲相続は、すべて被相続人の子が既に亡くなっている場合の孫の相続についてでした。

ですが、被相続人の子は存命であるが、相続廃除されている、または相続欠格となっているケースについて考えてみましょう。

相続廃除、相続欠格はともに、相続人から相続権を奪う制度です。相続廃除された相続人、または相続欠格事由に該当してしまった相続人は、遺産を相続できなくなります。

果たして、この場合に代襲相続が起こるのか、ということです。

相続廃除・相続欠格となった者の子は代襲相続できます

このとおり、被相続人の相続が開始し、その子が相続廃除、または相続欠格となっていたとしても、子の子(被相続人から見た孫)が代襲相続できるのです。

相続廃除の要件、手続き、相続欠格事由については「相続欠格と廃除の違いは?相続欠格事由と廃除の要件、手続きを解説!」で解説しています。

相続放棄をした!代襲相続は孫に起きません

続いて、被相続人の相続が開始した場合、その子が相続放棄をしたケースを考えてみましょう。

相続放棄をした相続人に子がいた場合、子(被相続人から見た孫)は代襲相続できるのでしょうか。

被相続人の子が相続放棄をした場合、子の子は代襲相続をすることができません

相続放棄をした相続人は、被相続人の相続において、はじめから相続人ではなかったとみなされます。つまり、被相続人の相続についてはまったくの無関係となるのです。

したがいまして、相続放棄した者の子もまた、代襲相続をすることができなくなるのです。

相続放棄の仕組み、手続き、期限については「遺産の相続放棄はいつまでできる?申述書の書き方は?順位図も解説!」で解説しています。

まとめ

代襲相続の仕組み、範囲、割合について解説しました。さらに、代襲相続と相続廃除、相続欠格、相続放棄との関係についてもご説明してきました。

被相続人が高齢で亡くなったようなケースでは、その子が既に亡くなっている、ということも起こりうるかと思います。その場合、被相続人の孫が代襲相続するというケースもまた自然に起こります。

代襲相続の仕組みや、相続分の割合については知っておくと良いですね。