woman_gimon

離婚届の証人代行をお願いしたいのですが、弁護士、行政書士のどちらに依頼すれば良いでしょうか。教えてください。

たかたか

今回は、離婚届、婚姻届の証人代行を弁護士、行政書士に依頼した場合の比較をしていきたいと思います。

離婚届、婚姻届の証人代行を依頼する【弁護士・行政書士】の比較

裁判なら弁護士、許認可なら行政書士と言えますが、離婚届、婚姻届の証人代行となると、どちらの資格者に依頼するのがよいか、困ってしまう方も多いと思います。

長年、当事務所でも証人代行をお受けしてきましたが、様々な事務所のホームページを確認した経験談からまとめると、おおよそ次のように比較できます。

弁護士 行政書士
サービスの質 安全 安全
守秘義務 あり あり
法律相談の可否 サービスによる サービスによる
紛争の相談/対応 対応可 対応不可
料金(報酬額) 証人2名で10,000円~ 証人2名で4,000円~6,000円

 

比較結果について、掘り下げて解説していきます。

サービスの質【弁護士事務所と行政書士事務所】

まず証人代行サービスの質ですが、これは弁護士事務所、行政書士事務所で変わりはありません。どちらの事務所でも、確実に遂行してくれるかと思います。

証人代行で一番重要:守秘義務の有無【弁護士、行政書士ともに有り】

お客様の個人情報を外部に漏らさず、秘密を守る義務(守秘義務)については、どちらも法律家であり法律に規定がされているので、問題はありません。

離婚・結婚に関する法律相談は可能か【事務所による】

中には離婚や婚姻に関する相談をしたい方もいらっしゃるでしょう。無料相談を実施しているかどうかは事務所によりますが、たいていの事務所では質問に応えてくれるはずです。

離婚で紛争になりそうなケース【弁護士事務所に軍配が上がる】

なお、万が一にも離婚で紛争(裁判沙汰)になりそうな場合、対応できるのは弁護士の先生となります。とはいえ、離婚届を提出する段階では紛争も解決していることがほとんどかと思います。

証人代行のサービス料金【弁護士事務所はやや高め】

最後に料金についてです。これは各事務所の料金表を確認すればすぐにわかりますが、弁護士事務所がやや高めですね。

行政書士事務所では証人1人で3,000円~4,500円ほど、証人2人で4,000円~6,000円ほどです。対して弁護士事務所の場合、証人1人で5,000円ほど、2人で10,000円ほどが相場です。

woman_gimon

料金の高い安いでサービス内容に差はあるのですか?

たかたか

証人代行業務に関して言えば、サービス内容に差は生じないはずです。

離婚届、婚姻届の証人代行は弁護士、行政書士どちらがお勧め?【紛争性の有無で判断】

結局のところ、証人代行をお願いするなら弁護士か行政書士か、どちらがお勧めか、ということですが、紛争性の有無でご判断されるのが一番かと思います。

表で比較しましたとおり、どちらもサービスの質については差異がなく、相談に関しても事務所によるところが大きいです。

料金については弁護士事務所がやや高めとなっていますが、離婚に紛争性を感じるのであれば、万が一の裁判沙汰を考え、弁護士事務所に依頼する、というところでしょう。

協議で離婚がまとまり、裁判沙汰にならないのであれば、リーズナブルな行政書士事務所に依頼する、という判断でも問題ないかと思います。

おまけです:弁護士、行政書士以外の証人代行サービスは?

最後にちょっとしたおまけですが、弁護士事務所、行政書士事務所の他にも、証人代行サービスは存在するか、興味がある方もいらっしゃるでしょう。

結論から言いますと、法律家以外の証人代行サービスはいくつか存在しています。ネット検索するとわかります。

ですが、法律家のような守秘義務、情報漏洩があった場合の罰則規定がないため、大切な個人情報を預ける観点から、より慎重になる必要があります。

料金設定については、行政書士事務所とそれほど変わるところはないようです。

たかたか

証人代行サービスに限らず、ご依頼の前には、必ず業者のプロフィール、素性は確認されることをお勧めします。いくら探してもプロフィールや会社情報がない、またはあっても不可解な場合は要注意です。

まとめ

以上、離婚届、婚姻届の証人代行をお願いするなら弁護士、行政書士のどちらがお勧めかについてでした。

おおよそ、次の区別で問題ないかと思います。

  • 紛争性がある:弁護士
  • 紛争性がない:行政書士
  • コストを下げたい:行政書士

いずれにしても、事務所のホームページをよく確認の上、事務所の信頼性を判断材料にされるのが一番です。