こんにちは。行政書士の大石です。

子供がいない夫婦における、配偶者にすべての財産を相続させる場合の遺言書の文例をご紹介します。

子供がいる夫婦の場合

子供がいる夫婦における、全財産を妻(配偶者)へ相続させる場合の文例は、以下の記事をご覧ください。

【遺言書の文例】全財産を妻(または夫)に相続させる(子供がいる夫婦)

遺言書を作られる方へ

遺言書の書き方にはルールがあります。形式上の不備があった場合、遺言書が無効となるので注意する必要があります。

覚えることはとっても簡単です。

書き始める前に、まずは以下の記事をお読みいただくと安心です。

【生前対策】遺言書の書き方・文例をケース別に解説!(見本あり)

【遺言書の書き方】妻に全財産を相続させる(子供のいない夫婦)

全財産を妻に相続させる場合の遺言書の文例をご紹介します。

遺言書

遺言者 山田太郎は、次の通り遺言する。

第1条

遺言者は、遺言者の有する一切の財産を、遺言者の妻山田花子(昭和〇年〇月〇日生)に相続させる。

平成〇年〇月〇日
静岡県浜松市〇区〇〇町××
遺言者 山田太郎 

上記の遺言はどんな場合に有効か

配偶者だけに全財産を遺すという遺言は、どのような場合に有効なのかご説明します。

たとえば、被相続人の相続関係が次のとおりだとします。

上記で、相続人は配偶者兄弟です。

例えばですが、被相続人が生前に兄弟と折り合いが悪かった、疎遠になっていたなどの事情で、遺産を相続させたくない場合があります。

ですが、遺言書を作成しなければ、法定相続人である兄弟は財産を相続する権利があります。これだと、被相続人の意思が尊重されないわけですね。

そのために、遺言書でしっかりと、「配偶者に全財産を相続させる」旨を書いておく必要があるのです。

遺留分を請求される心配はありません

遺留分とは、第2順位の相続人までに保障される最低限の遺産の取り分をいいます。

遺産の全額を配偶者に相続させるとなると、兄弟から遺留分を請求される(遺留分減殺請求)恐れはないのかと不安になるかもしれませんね。

ですが、法律では、第3順位の相続人である兄弟姉妹には、遺留分が保障されていません。

したがいまして、兄弟から遺留分を請求される心配はなく、安心して配偶者に全財産を相続させることができます。

もっと知りたい方へ

様々な財産別・ケース別に、遺言書の書き方、文例を豊富に用意しています。

【様々な財産・ケース別】遺言書の文例・サンプル集、書き方(見本付き)