親族(しんぞく)とか、親等(しんとう)という言葉は、普段なにげない会話の中で、使われることがありますね。

親族については、法律で具体的に定義されています。

今日は、これらの言葉の正確な意味と、親等の数え方、さらに血族と姻族の違いを覚えていってくださいね。

親族の範囲(親戚との違い)

親族というと、「親戚(しんせき)と似たようなものでしょ?」という理解をされている方は多いと思います。

確かに意味は似ていて、どちらも血縁関係や婚姻関係でつながっている人たちを指します。

ですが、実はちゃんと違いがあるのです。

親族とは、民法に次のように規定されています。

(親族の範囲)
第七百二十五条 次に掲げる者は、親族とする。
一 六親等内の血族
二 配偶者
三 三親等内の姻族

つまり、あなたにとって、「6親等内の血族」と「配偶者」と「3親等内の姻族」が親族ですよ、と言っています。

me

上記のとおり、「親族」の範囲については法律でしっかり規定されているのですが、「親戚」の範囲については何の規定もありません。

ですので、「親族」の範囲にある者は「親戚」でもありますし、「親族」の範囲から外れる血縁者や婚姻関係により結びつきがある者について言う場合も、「親戚」という言葉を使うことができます。

親等とか、血族とか、姻族とかいう言葉が登場しましたね。以降でご説明していきます。

親等(しんとう)の数え方

よく、「私と祖母は〇親等」とか、「私といとこは〇親等」といった使い方をしますよね。なんとなく親等の意味を理解されている方は多いのではないでしょうか。

親等とは、親族間の世代数のことをいいます。

たとえば、私と父母の間には、1世代しかありませんから、1親等の関係です。

私と祖父母の間には、2世代(私 – 父母で1世代、父母 – 祖父母で1世代)ありますから、2親等の関係です。

それでは、「私」と「いとこ」は何親等でしょうか。

正解は、4親等になります。以下の図をご覧ください。

図で左下にいる「わたし」を中心に親等を数えていきます。

まず、わたし→父母で1親等です。次に、父母→祖父母で1親等です。(合計2親等)

祖父母→叔父(祖父母の子)で1親等。叔父→いとこ(叔父の子)で1親等。(合計2親等)

はい、すべての親等を合計すると、4親等になりますね。

このように、親子関係の世代を一つ上がる(子→親)、または一つ下がる(親→子)ときに、1親等と数えるのですね。

ちなみに、図からもわかるように、「わたし」から見た「叔父」は3親等の関係です。

me

わたし」から見た3親等の関係にある者は叔父、叔母だけではありません。

「わたし」と「曾祖父母(そうそふぼ)」も3親等の関係です。曾祖父母とは、「ひいおじいちゃん」「ひいおばあちゃん」のことですね。

また、「わたし」と「曾孫(そうそん)」も3親等の関係です。曾孫とは「ひまご」のことですね。

「わたし」から見て、曾祖父母、または曾孫の間には3世代あります。

血族(けつぞく)と姻族(いんぞく)の違い

血族(けつぞく)とは、あなたから見て、生理的に血がつながっている者のことをいいます。文字通りの意味ですね。

me

例外として、生理的に血がつながっていなくても血族関係が結ばれる制度があります。「養子縁組」がそれです。養子と養親は実際に血がつながっているわけではありませんが、法律上は血族であるとされるのです。

姻族(いんぞく)とは、婚姻によって生じる親族のことをいいます。

姻族とは、自分から見て、次の者のことをいいます。「婚姻」が関係していますよね。

  • (自分の)配偶者の血族
  • (自分の)血族の配偶者

つまり、自分の配偶者の血族は、自分から見て姻族ということになります。たとえば、自分の配偶者の兄弟は、自分から見て姻族ということです。

また、自分の血族の配偶者も、自分から見て姻族といいます。たとえば、自分の兄弟の配偶者は、自分から見て姻族となります。

このように、姻族と自分は血縁関係にありません

まとめ

親族、親等、血族、姻族についてご説明してきました。

これらは日常生活の中でしばしば話題に上がりますが、実際のところ、その理解が曖昧という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事で、それらの明確な違いを覚えていただければ幸いです。