こんにちは。行政書士の大石です。

内縁の妻(または夫)に財産を遺したい場合の文例をご紹介します。

遺言書を作られる方へ

遺言書の書き方にはルールがあります。形式上の不備があった場合、遺言書が無効となるので注意する必要があります。

覚えることはとっても簡単です。

書き始める前に、まずは以下の記事をお読みいただくと安心です。

【生前対策】遺言書の書き方・文例をケース別に解説!(見本あり)

遺言書の文例を以下に記載します。

遺言書

遺言者 山田太郎は、次の通り遺言する。

第1条

遺言者は、下記の遺言者名義の預金債権を、内縁の妻である鈴木花子(〇年より現在に至るまで同居中。昭和〇年〇月〇日生)に遺贈する。

みずほ銀行浜松支店 普通預金 口座番号××××の全額

付言

内縁の妻である鈴木花子とは、〇年〇月〇日から現在に至るまで同居し、体の弱い遺言者の療養看護に努めてくれました。

感謝の気持ちを込め、上記のとおりとします。

平成〇年〇月〇日
静岡県浜松市〇区〇〇町××
遺言者 山田太郎 

上記のとおり、内縁の妻に財産を与える場合には、「遺贈する」という言葉を使います。理由は以降でご説明します。

内縁の妻(夫)に相続権はない

婚姻届を提出した夫婦の間では、お互いを相続できます。

ですが、事実上の夫婦であり、婚姻届を出していない内縁関係の場合、内縁の妻は内縁の夫を相続することができません(逆も同様)。

そのため、相続人ではない者に対して、「財産を相続させる」という表現は使えません。

それでも財産を与えたい場合には、「財産を遺贈する」という言葉を使います。

遺贈とは、遺言により無償で財産を譲る行為をいいます。

この言葉の使い分けは非常に大切です。間違えることのないようにご注意ください。

付言事項に遺産を与える理由を書こう!

内縁の妻に財産を与えたいが、遺言者には配偶者や子などの相続人がいるという場合もあり得ます。

たとえば、配偶者とは長年別居しており、子とも疎遠になっていて、体の弱い遺言者を内縁の妻が支えてくれていた、というパターンです。

このような場合、配偶者や子は相続人なので、「遺言者が内縁の妻に財産を与えた!?」という事実を知ると、争いとなる可能性が大いにあります。

このため、遺言書には、付言事項として、なぜ内縁の妻に財産を与えることに決めたのか、理由をしっかりと記しておきましょう。

遺族の理解が得られるように、気持ちをこめて、丁寧に記載すると良いです。

もっと知りたい方へ

様々な財産別・ケース別に、遺言書の書き方、文例を豊富に用意しています。

【様々な財産・ケース別】遺言書の文例・サンプル集、書き方(見本付き)