こんにちは。行政書士の大石です。

未成年後見人、未成年後見監督人を指定する場合の、遺言書の書き方、文例をご紹介します。

遺言書で未成年後見人の指定ができるのは、「最後に親権を行う者」とされています。

たとえば、両親の片方が死亡している、または離婚している場合で、親権者が1人しかいない場合、この者が「最後に親権を行う者」に該当します。

さらに、未成年後見人が適切に事務を行っているかを監督する、未成年後見監督人という役割も存在し、同じく遺言書で指定することが可能です。

遺言書の文例をご紹介します。

遺言書を作られる方へ

遺言書の書き方にはルールがあります。形式上の不備があった場合、遺言書が無効となるので注意する必要があります。

覚えることはとっても簡単です。

書き始める前に、まずは以下の記事をお読みいただくと安心です。

【生前対策】遺言書の書き方・文例をケース別に解説!(見本あり)

遺言書の文例を以下に記載します。

遺言書

遺言者 山田太郎は、次の通り遺言する。

第1条

1.遺言者は、未成年者である長女山田和子(平成〇年〇月〇日生)の未成年後見人として、遺言者の母である山田文(昭和〇年〇月〇日生)を指定する。

2.未成年後見監督人として、遺言者のいとこである山田三郎(昭和〇年〇月〇日生)を指定する。

平成〇年〇月〇日
静岡県浜松市〇区〇〇町××
遺言者 山田太郎 

未成年後見監督人の欠格事由(就任できない人)についてご説明します。

未成年後見人の配偶者、直系血族及び兄弟姉妹は、未成年後見監督人になることができません。

未成年後見監督人を指定する場合には、上記の者が該当しないように注意しましょう。

もっと知りたい方へ

様々な財産別・ケース別に、遺言書の書き方、文例を豊富に用意しています。

【様々な財産・ケース別】遺言書の文例・サンプル集、書き方(見本付き)