こんにちは。行政書士の大石です。

生命保険金の受取人を、遺言書で変更することができます。

この場合、遺言者の死後に迅速に手続きを行う必要があります。

可能ならば遺言執行者を指定しておきましょう。

遺言書を作られる方へ

遺言書の書き方にはルールがあります。形式上の不備があった場合、遺言書が無効となるので注意する必要があります。

覚えることはとっても簡単です。

書き始める前に、まずは以下の記事をお読みいただくと安心です。

【生前対策】遺言書の書き方・文例をケース別に解説!(見本あり)

遺言書の書き方:生命保険金の受取人を変更する文例

遺言書の文例を以下に記載します。

遺言書

遺言者 山田太郎は、次の通り遺言する。

第1条

遺言者は、下記生命保険契約に基づく生命保険金の受取人を、長男山田五郎から長女山田和子(平成〇年〇月〇日生)に変更する。

保険証券番号:×××××
契約日:〇年〇月〇日
種類:〇〇生命保険

第2条

遺言者は、本遺言の遺言執行者として、次の者を指定する。

住所:〇〇県〇〇市〇〇町××
職業:弁護士
氏名:法務太郎
生年月日:〇年〇月〇日

平成〇年〇月〇日
静岡県浜松市〇区〇〇町××
遺言者 山田太郎 

生命保険金の受取人変更は、速やかに行う必要があります。

可能ならば、遺言執行者を指定して、遺言者の死後に迅速に手続きが行えるようにしましょう。

また、保険の内容については、保険証券をご覧の上記載しましょう。

証券番号が記載されているはずです。

もっと知りたい方へ

様々な財産別・ケース別に、遺言書の書き方、文例を豊富に用意しています。

【様々な財産・ケース別】遺言書の文例・サンプル集、書き方(見本付き)