こんにちは。行政書士の大石です。

自分が亡くなった後、飼っていたペットのことが心配だ・・・

という方は多いと思います。

そんなときは、愛犬や愛猫などの世話を条件に、第三者に財産を与える負担付遺贈の方法があります。

ここではペットの世話を条件として知人に財産の一部を与えるような、負担付遺贈の文例をご紹介します。

遺言書を作られる方へ

遺言書の書き方にはルールがあります。形式上の不備があった場合、遺言書が無効となるので注意する必要があります。

覚えることはとっても簡単です。

書き始める前に、まずは以下の記事をお読みいただくと安心です。

【生前対策】遺言書の書き方・文例をケース別に解説!(見本あり)

遺言書の文例を以下に記載します。

遺言書

遺言者 山田太郎は、次の通り遺言する。

第1条

遺言者は、下記の財産を鈴木五郎氏(住所:〇〇、昭和〇年〇月〇日生)に遺贈する。ただし鈴木五郎氏は財産を受け取ることの負担として、遺言者の愛犬ポチの世話を終生行うこととする。
なお、ポチの死後は、「霊園ペットセレモニー(住所〇〇)」に埋葬すること。

みずほ銀行浜松支店 普通預金 口座番号××××の200万円

第2条

以下の者を遺言執行者に指定する。

遺言者の長男 山田史郎(昭和〇年〇月〇日生)

付言

私の死後は、愛犬ポチの世話を懇意にしてくださった鈴木五郎氏にお願いすることにしました。そして、資金として200万円を鈴木五郎氏に遺贈することにしました。鈴木五郎氏も承諾済みです。
長男史郎は、遺言執行者として、愛犬ポチを鈴木氏の自宅まで届け、必要に応じて相談にのってあげてください。

平成〇年〇月〇日
静岡県浜松市〇区〇〇町××
遺言者 山田太郎 

世話をお願いする相手が相続人でないのであれば、「遺贈する」という言葉を使用します。

埋葬の方法など、ペットが亡くなった後にどうしてほしいのかについても、必要に応じて指定しておくと良いでしょう。

また、実際に遺贈を行い、ペットを相手宅まで運んでもらう必要があるので、遺言執行者を指定しておくとよいでしょう。

とくに独身で相続人がいない場合には、信頼できる第三者を遺言執行者に指定しておくべきでしょう。

ペットは遺産を相続することができない

ペットは、飼い主の遺産を相続することができません。

ときどき、自分が亡くなった後、ペットに遺産を相続させたいと考えている方がいらっしゃいますが、ペットに相続権はありません。

ペットは、法律上は「モノ(動産)」として扱われるためです。

つまり、ペットのことが不安であるならば、ペットに遺産を相続させるのではなく、ペットの世話を条件に、第三者に財産を与えるという方法をとる必要があります。

相手の承諾を事前に得る

あらかじめ、ペットの世話をお願いする相手の承諾をとっておきましょう。

そうでないと、最悪の場合、拒否されることも十分にあり得ます。

なぜなら、遺贈は放棄することもできるためです。負担が付いている場合はなおさらです。

付言事項に遺産を与える理由を書こう!

付言に書いた内容には法的な効力は生じません。

付言には、家族への感謝や遺言者の気持ちなどを記載します。

被相続人(亡くなられた方)に遺族などの相続人がいる場合には、「ペットの世話を条件に第三者に財産を与えることにした旨」を、付言事項として記載しておきましょう。

相続人でもない知らない人に財産を与えることに納得できない相続人もいるはずだからです。

無用な争いを生まないためにも、気持ちをこめて、丁寧に理由を記載しましょう。

もっと知りたい方へ

様々な財産別・ケース別に、遺言書の書き方、文例を豊富に用意しています。

【様々な財産・ケース別】遺言書の文例・サンプル集、書き方(見本付き)