『相続が始まった場合、親族の中でどこまでの範囲が相続人となるのだろう…配偶者、子、親はなんとなくわかるが、その他は?あと相続人として遺産を受け取れる順位は決まっているのだろうか…仮に受け取れる場合、いくら受け取ることができるのだろう?』

 

このような疑問にお答えします。

この記事でわかること!

この記事では、法定相続人、法定相続分についてご紹介するとともに、主に以下の内容をご説明します。

・法定相続人の範囲と相続順位について(イラスト解説)

・法定相続分の意味と計算方法(イラスト解説)

・異母兄弟、半血兄弟が亡くなった場合の相続人と相続分

・叔父、叔母が亡くなった場合の相続人と相続分

・養父母が亡くなった場合の養子の相続分

法定相続人の範囲と相続順位(第1順位、第2順位、第3順位)

亡くなられた方のことを、被相続人と呼びます。

被相続人の財産を誰が受け継ぐのかは民法という法律でしっかり決められています。つまり相続人ですね。

法律で決められているので、法定相続人(ほうていそうぞくにん)という呼び方をすることもあります。

法定相続人には、第1順位から第3順位までいて、遺産を受け継げる範囲と順位が決められています。

因みに、配偶者はこの順位に含まれていません。何故なら、配偶者は常に相続人になるからです。

第1順位、第2順位、第3順位の法定相続人は、それぞれ以下のとおりです。

  • 第1順位の法定相続人

被相続人の子、孫など直系卑属

  • 第2順位の法定相続人

被相続人の父母、祖父母など直系尊属

  • 第3順位の法定相続人

被相続人の兄弟姉妹とその子

被相続人(亡くなられた方)の親族の中で、上記の第1順位から第3順位に該当する方が相続人となる範囲です。

me

直系卑属(ちょっけいひぞく)とは、自分の直系で下の世代(子、孫)を表し、直系尊属(ちょっけいそんぞく)とは、自分の直系で上の世代(父母、祖父母)を表します。

イメージしやすいよう、法定相続人の範囲(第1順位から第3順位)をイラストでまとめてみました。

亡くなった被相続人を中心として図示しています。

(↑クリックで拡大表示します)

ここで重要なことをお話します。

自分よりも『順位が上の法定相続人』がいる場合、自分は相続人にはなれません

イメージとしては、自分の順位よりも先順位の法定相続人がいる場合、自分は後順位のため相続権が回ってこない、という感じです。

例えば、あなたのご兄弟が亡くなられた場合、ご兄弟に第1順位のお子さんがいる場合、第3順位のあなたは、ご兄弟を相続できないということです。

ご兄弟にお子さん(第1順位の法定相続人)も、父母(第2順位の法定相続人)もいない場合、初めてあなたは相続人になれるのです。

注意!
配偶者は常に相続人になれますが、婚姻関係にない者(内縁の夫や妻)は相続人にはなれません。

もしも財産を遺したい場合は、遺言書で「遺贈」を行うことをお勧めします。

法定相続分とは遺産の取り分(割合)のこと。計算方法は?

それぞれの法定相続人の遺産の取り分(取得割合)のことを法定相続分(ほうていそうぞくぶん)といいます。

法定相続分という決まりがあることで、法定相続人が公平に財産を取得することができるのです。

とはいえ、被相続人が生前に遺言書を作成しており、そこで相続分を指定していた場合は、遺言書の内容に従うことになります。例えば、長男は遺産の3分の2を、次男には3分の1を、といった具合です。

このように、法定相続分とは〇分の〇というように割合で表現されます。

相続分は、誰が相続人となるかによって、その割合(取り分)が変化します。

イラストを用意しました。具体的にパターン分けして見ていきましょう。

  • 被相続人に配偶者がいる(子も親も兄弟姉妹もいない)

→ 配偶者がすべて相続

  • 被相続人に配偶者と子がいる

→ 配偶者1/2、子1/2の割合で相続

(例では子が二人いるので、各々は均等に1/4ずつとなる。)

  • 被相続人に配偶者と父母がいる(子はいない)

→ 配偶者2/3、父母1/3の割合で相続

(例では父母二人いるので、均等に各々1/6ずつとなる。)

  • 被相続人に配偶者と兄弟姉妹がいる(子も親もいない)

→ 配偶者3/4、兄弟姉妹1/4の割合で相続

(例では兄弟が二人いるので、均等に各々1/8ずつとなる。)

 

このとおり、同順位の法定相続人が複数いる場合は、その人数で均等に分けます。

例えば「被相続人に配偶者と子がいる」パターンで、子が2人(花子と太郎)いる場合は、配偶者1/2、花子1/4、太郎1/4となります。つまり、2人の子合わせて1/2となるわけです。

異母兄弟(腹違い)・半血兄弟がいる(相続分の違いに注意)

異母兄弟とは、父親は同じだけれど、母親が異なる兄弟姉妹のことを言いますよね。

腹違いの兄弟と言ったりもします。

ここで、ちょっとした例で考えてみます。

浜男には妻との間に子の太郎がいる。さらに前妻との間に子の花子がいる。

浜男が亡くなり相続が開始した。

父親である浜男が亡くなりました。

果たして浜男の法定相続人は誰になるでしょうか。そして相続分は?

現在の妻との子である太郎にとっては、花子は異母兄弟になります。

でも、父親の浜男にとっては、太郎も花子も自分と血がつながった子には変わりありませんね。

ということで、浜男が亡くなり相続が始まると、太郎も花子も第1順位の法定相続人として、均等に財産を相続することになります。

ちょっと視点を変えてみましょう。

次の例を考えます。

太郎には配偶者がなく、子もいません。両親は既に他界しています。

太郎には両親を同じくする兄弟の次郎がいます。さらに異母兄弟の花子がいます。

太郎には第1順位、第2順位の法定相続人がいないので、第3順位の法定相続人が相続権を有します。

両親が同じ兄弟の次郎、異母兄弟の花子の計2人が法定相続人となります。

ここで、太郎にとって花子は半血兄弟となります。

半血兄弟とは、父親あるいは母親の一方だけが同じである兄弟姉妹(異父・異母兄弟)のことです。

ちなみに次郎は全血兄弟といいます。

ここで注意すべき点があります。

太郎が亡くなった場合、半血兄弟である花子の相続分は、全血兄弟である次郎の相続分の半分(1/2)になります。

(法定相続分)
第九百条 (途中省略)
四 子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。
ここがポイント!
異母兄弟(腹違い)とか、半血兄弟といっても、相続人になれないわけではありません。ただ、相続分が異なるということです。

叔父・叔母がいる(甥、姪が相続する代襲相続)

叔父さん、叔母さんと仲が良く、一緒に暮らしていたりする家庭もあるでしょう。

そんなときに気になるのが、叔父・叔母が亡くなったときに、私(甥または姪)は相続人になれるの?ということでしょうか。

すでにご説明しましたとおり、相続人になれる人は第1順位の直系卑属、第2順位の直系尊属、第3順位の兄弟姉妹、配偶者です。

ここに叔父や叔母は含まれません。

それでは、叔父や叔母を相続することはできないのか?

というと、実はそうでもありません。

代襲相続(だいしゅうそうぞく)という制度があります。

イメージとしては、「だれだれに代わって、自分が相続する」という感じでよいです。

たとえば、次の例を考えてみます。

叔母には配偶者も子もなく、両親はすでに他界しています。

兄弟姉妹は妹が1人だけいますが、その妹もすでに他界しています。妹には子の太郎(私)がいます。

本来なら、第3順位の相続人である妹が相続できたのですが、すでに他界してしまっているのです。

このような場合、妹に代わって、その子である太郎(私)が相続することができます。

これを代襲相続といいます。

このときの太郎の相続分は、妹(太郎にとっては母)と同じとなります。

このようにして、叔父・叔母の財産を甥・姪が代襲相続する場合があります。

代襲相続について知りたい方

代襲相続とは何か、代襲相続が起こる原因、起こる範囲と相続分、相続放棄との関係について、くわしくは「【イラスト解説】代襲相続とは?起こる範囲と相続分、相続放棄との関係」をご覧ください。

養子縁組をしている(養父母の相続)

養子縁組という制度があります。

この場合の子を養子といい、親となるものを養親(養父母)といいます。

では、養父母が亡くなったときに、養子は養父母を相続することができるのか?が問題となります。

結論として、養子は養父母を相続することができます。

その逆、つまり養父母も亡くなった養子を相続することができます。

ここがポイント!
ちなみに、養子は実親も相続することができます。養子縁組をしても実親との親子関係まで切れるわけではないためです。(特別養子縁組を除く)

廃除・相続欠格との関係(相続人について)

ご説明しましたとおり、被相続人の死後、相続人となれる人は法律で決まっているのでした。

ですが、民法には相続人から相続権をはく奪する制度が存在するのです。

それが、推定相続人の廃除と相続欠格です。

とっても怖い制度ですね。

推定相続人の廃除の方法、相続欠格となる要件についても大切なので、読んでみてください。

これらは、どちらも相続人から相続権を奪ってしまうものです。

廃除は、被相続人が生前に(または遺言により)家庭裁判所に申し立てをすることで行います。

つまり、廃除は被相続人の感情を重視した制度といえます。

「二男の次郎にはしばしば虐待をされてきた。私の財産は相続させたくない!!」という具合です。

相続欠格とは、推定相続人が『法律で定められた特定の行為』をしてしまうと、それにより当然に相続権を失います。

上記のように、法定相続人として本来なら相続権を有していたはずなのに、相続権をはく奪されるという可能性はあるのです。

遺言・遺産分割協議との関係(相続分について)

被相続人が生前に遺言書を作成し、相続分の指定遺産分割方法の指をすることも可能です。

「私の財産の2/3を長男に、1/3を長女に相続させる」とか「土地と建物は妻に、預貯金は長男に相続させる」といったようにです。

無効とならない遺言書の正しい書き方、訂正のやり方、見本についても大切なので、読んでみてくださいね^ ^

遺言書がある場合には、法定相続分よりも遺言書の内容が優先されます。故人の意思を尊重する必要があるためですね。

しかし、遺言書があっても、相続人の全員で遺産分割協議を行い合意できれば、遺言書の指定とは異なる遺産の分割をすることも可能です。

ただし、相続人の全員が合意に達しなければなりません。一人でも反対する人がいれば、原則どおり遺言の内容が優先されます。

遺産分割の仕組み、やり方、遺産分割協議書の作成についても大切なので読んでみてください!

上記のように、遺言書があったり、遺産分割協議の結果によっては、法定相続分とは異なる割合で相続をすることもできるのです。

遺言で自分の相続分をゼロにされたらどうする?

遺言に相続分の指定があれば、原則はそれに従うとお話ししました。

しかし、もしも遺言で次のように書かれていたら、どうしたらよいのでしょうか・・・

私の遺産はすべて愛人の花子に渡す!!

ものすごく破壊力のある一文です。

これが実現してしまうと、相続人は一切の財産を相続できないことになります。つまり相続分がゼロになるということです。

大丈夫です。

第2順位までの法定相続人には、最低限の相続分が保障されています。

これを遺留分(いりゅうぶん)といいます。

この制度を利用することで、遺産の取り分がゼロになることはありません。

遺留分の計算方法、遺産を取り戻す遺留分減殺請求のやり方について詳しくまとめています。

まとめ

法定相続人と法定相続分についてご説明しました。

人が亡くなった場合、誰が法定相続人となり、法定相続分はどれだけかについては、法律で定められているのでした。

ですが、推定相続人の廃除や相続欠格といった例外も存在します。

そして、被相続人が生前に遺言書を作成し、そこに相続分の指定がされていれば、原則はそれに従うのでした。

それでも、相続人の全員が遺産分割協議を行い、合意に達すれば、遺言の内容とは異なる遺産の分割をすることも可能でしたね。

誰が相続人となり、相続分はどれだけかについてや、廃除、欠格となる要件、遺言でできること、遺産分割についてはとても重要な内容となります。

知らない状態で相続を迎え、知らぬ間に損してしまうことがないようにしたいですね。