こんにちは。行政書士の大石です。

予備的遺言というものがあります。

遺言者の死後、遺言書に書いた内容が、状況の変化などにより実現されなくなるのを未然に防ぐために書きます。

遺言書を作られる方へ

遺言書の書き方にはルールがあります。形式上の不備があった場合、遺言書が無効となるので注意する必要があります。

覚えることはとっても簡単です。

書き始める前に、まずは以下の記事をお読みいただくと安心です。

【生前対策】遺言書の書き方・文例をケース別に解説!(見本あり)

遺言書の文例を以下に記載します。

遺言書

遺言者 山田太郎は、次の通り遺言する。

第1条

遺言者は、下記の財産を妻山田花子(昭和〇年〇月〇日生)に相続させる。

1.土地

所在: 浜松市〇区〇〇町
地番: 〇〇番〇〇
地目: 宅地
地積: 〇〇.〇〇平方メートル

2.建物

所在: 浜松市〇区〇〇町〇〇番〇〇
家屋番号: 〇〇番〇〇
種類: 居宅
構造: 木造瓦葺2階建
床面積: 1階 〇〇.〇〇平方メートル
2階 〇〇.〇〇平方メートル

第2条

遺言者は、遺言者の妻山田花子が遺言者より先に死亡した場合には、前条記載の財産を長男山田五郎(昭和〇年〇月〇日生)に相続させる。

平成〇年〇月〇日
静岡県浜松市〇区〇〇町××
遺言者 山田太郎 

第2条が、予備的遺言となります。

相続人が遺言者より先に亡くなる事態に備えての記載となります。

予備的遺言が必要なケース

たとえば、次のような状況を考えてみてください。

  • 相続人が遺言者より先に亡くなった場合
  • 遺贈の受遺者が遺言者より先に亡くなった場合
  • 遺言執行者に指定した者が就任しなかった場合
  • 未成年後見人に指定した者が就任しなかった場合

遺言書を作成した当時には生存していた相続人や、遺贈の相手が、遺言執行の際には既に亡くなっていた、ということは十分にあり得るでしょう。

また、遺言執行者に指定した人が就任を拒んだりすることも考えられます。

すると、遺言者の意思が結果として尊重されなくなってしまいますね

これだと遺言書を作成した意味が薄れてしまうので、あらかじめ遺言書に工夫をして、万が一に備えておくのです。

これが予備的遺言です。

たとえば、「私の死亡時に妻が既に亡くなっている場合、財産は長男に相続させる」や「長男が遺言執行者に就任できない場合には、長女を指定する」といった具合です。

もっと知りたい方へ

様々な財産別・ケース別に、遺言書の書き方、文例を豊富に用意しています。

【様々な財産・ケース別】遺言書の文例・サンプル集、書き方(見本付き)